学校法人 愛西学園 弥富看護学校

ホーム » 学科案内 » 学習の8つのポイント

学科案内

学習の8つのポイント

よりよい学習をするために、弥富看護学校はさらに学びやすくなりました!

Point1科目履修方法の一部に選択制によるスクーリングの導入

専門分野Ⅰ・Ⅱ、統合分野の12科目にテキスト履修又はスクーリングの選択制を導入します。 スクーリングの場合、授業最終時間帯に単位認定試験を受験し、合格すれば単位を修得できますので、より学びやすくなります。

Point2チューター制の充実で卒業・国試受験まできめ細かくサポート

学生が在学中に自己学習力を身につけ、自身で問題解決していける能力を養うようサポートしていきます。

また、学習相談だけでなく精神面・生活面の相談にあたり、一人ひとりの学習状況に合わせた支援を行います。相談方法は電話・FAX・インターネットの活用があります。本校の卒業率は98%と成果をあげています。

Point3国家試験対策講義、模擬試験、トレーニング教材等の支援

看護師国家試験に向けての学習として、専門基礎分野・専門分野Ⅰ・専門分野Ⅱ・統合分野における国試対策講義を外部講師及び専任教員により行います。

全国模擬試験の継続的な受験により、弱点を洗い出し、補強する対策講義を実施しています。また、月1回国試対策トレーニング教材及び解答・解説を送付し支援をしています。

さらに結果を出せず、来春挑戦する人にも在学生同様に支援しています。

Point4一定期間に登校日が集中しないような授業日の工夫

学生の皆さんが働きながら学生生活が送れるような学びやすい環境を整えています。
単位認定試験、面接授業など本校への登校日の工夫をしました。
面接授業では登校日が一定の期間に集中しないよう年間を通して登校するよう日を設定しました。

Point5個々の課題に応じた支援ができるよう学習相談会を開催

「何をどうやって勉強したらよいかわからない」「課題レポートや紙上事例演習レポートが書
けない」など学生の皆さんの声や悩みに応えるため、学習支援や学習以外のことなど個々の
課題に応じたアドバイスをする相談日を設定しています。

Point6利用し易い図書室になるよう貸し出しの工夫や蔵書の充実

通信制で学ぶ学生さんは、課題レポートや紙上事例演習レポートを書くとき参考図書が必要になります。全ての登校日には、学生さんが利用しやすいように図書司書が常駐しています。登校できない方には、送付による貸出・返却の方法を活用できます。蔵書数13,500冊、雑誌は34種類そろえています。

Point7厚生労働省指定の『専門実践教育訓練給付金』の対象講座

  • 弥富看護学校2年課程(通信制)の講座は、厚生労働省指定の「専門実践教育訓練給付金」の対象講座です。
  • 平成19年4月から厚生労働省指定の「教育訓練給付金」の対象講座でありましたが、平成28年4月から厚生労働省指定の「専門実践教育訓練給付金」の対象講座となります。これにより、受給資格がある場合は、6ヶ月毎(学習の進捗基準に達している事が前提)に入学金・授業料(本人が負担した額)の40%が給付されます(上限:2年間で64万円)。さらに、条件を満たすことにより、20%が追加給付されます(上限:先の40%を含め2年間で96万円)。
  • 本制度の内容等については、中央職業能力開発協会(JAVADA)のホームページhttp://www.javada.or.jpをご覧ください。

Point8ホームページの活用による学習の充実

暴風警報発令時や降雪時の登校、緊急な休講などのお知らせについては、ホームページで確認することができます。また、学習に関するご質問やお問い合わせについてもホームページ上から気軽に質問ができ、学生みなさんの学習を支援しています。

ページの先頭へ戻る